名刺作成から始まる一枚上手なビジネスライフ

名刺3

名刺は、今の日本のビジネスシーンでは欠くことのできない、大切なアイテムの一つです。ひと口に名刺といっても、そのスタイルは会社や団体によって千差万別です。一枚の名刺によって、情報や連絡先だけに限らず、その会社や団体が何を目指し、何を売りにしているのか、また、その人の人物像を知ることができます。

今回は名刺作成に必要なポイント、アイディアに役立つ情報をお伝えできたらと思います。

qrコード入りの名刺作成はサロンの営業にピッタリ

会社名や氏名等の配置は重要

まず第一に大切なポイントとして、その名刺の顔となる〈会社·団体名〉や〈氏名〉が、名刺を見た瞬間にハッキリわかる形にすることが重要です。一般的な名刺のサイズ形状は4号サイズ(91×55ミリ)となっており、文字のフォントとしては、7ポイント~18ポイント前後といわれています。

強調すべき氏名は一番大きな18ポイント、次に会社名を12ポイント、そして役職名を7ポイントといった目安を軸に、バランスを見ながら調整していきます。柔らかいイメージのゴシック体や、硬いイメージの明朝体といった字体も、その会社が何を売りにし、イメージをどう持たれたいかによって変わっていきます。

文字どうしの間隔や行間のバランスも、見やすさの重要ポイントです。また、会社のシンボルであるロゴをどの位置に持っていくかによっても、かなり印象が変わってきます。何パターンか作成して見比べ選択し、第三者の目を頼るのも一つの手です。

また、必要に応じて読み仮名を表記するようにすると、より一層相手にとってわかりやすく親切です。

役職、部署名を明確に

役職、部署名は必ず明記しましょう。会社によっては、組織編成が変わりやすいこともあるので、必ず最新版にアップデートされているかどうか確認します。そうすることで名刺をもらった相手が連絡をとる際等々、トラブルなくスムーズにやり取りができるようになります。

住所、電話番号等々の連絡先

名刺6

郵便番号から始まる住所、電話番号、FAX番号は必ず間違いのないよう、正しい情報を載せます。万が一、誤った情報を載せてしまうと、大きなトラブルに繋がってしまう恐れがあります。必ず再確認が必要です。もし、ビジネス用の携帯番号がある場合は、載せておいた方が相手の方にとって親切です。

部署直通の電話番号がある場合も同様です。スペースがあれば簡単な地図を載せ、わかりやすく相手に所在地を伝えます。また、定休日や営業時間などを載せておくと、問い合わせ等々の時間がわかりやすく安心です。

E-MAIL、URLアドレスの記載

会社のE-MAILアドレスや、URLアドレス等々がある場合は載せておきます。最近ではホームページのQRコードを載せたり、ツイッターやインスタグラムのアカウントを載せて、アピールするところも増えています。

名刺を受け取った相手が、いち早く新しい情報をキャッチするのにとても便利です。

提携パートナーの掲載

ビジネスにおいては、信頼度の高い提携パートナーがいることが、顧客からの信頼度にも繋がり、ビジネスの幅も大きく広がります。可能な限り、掲載するようにしましょう。

顔写真でより印象深く

顔写真を載せるとより一層、名刺を渡した相手に自分を印象付けることができます。相手も顔と名前が一致しないということも防げ、お互いにとってプラスになります。ただ、顔写真を載せるということに、恥ずかしくて抵抗があるという方は、似顔絵が得意な人にイラストをお願いしたり、プロの業者や似顔絵アプリを活用してみてもいいかもしれません。

ユニバーサルデザイン

名刺11

ユニバーサルデザインとは、障害の有無や性別、年齢、人種等々を越えて、たくさんの人が使いやすいカタチをデザインすることです。最近では、日本語表記と英語表記を両面にプリントした名刺、目の不自由な方にも伝わる点字を施した名刺なども数多く見受けられます。

どんな人の手に渡る名刺なのかを想像して、作成していくと、沢山のアイディアが生まれそうです。

専用の台紙を購入すれば自宅でも名刺の作成が可能

形状、カラーを工夫する

一般的な名刺のサイズ形状は4号サイズ(91×55ミリ)となっており、かさばりやすいですが、形状を工夫して目立つように作成している名刺もあります。

例えば、名刺の上部をタグ状にしてすぐ目につくようにした名刺も最近はあります。あまりに奇抜な形状だと整理に困りますが、相手の目を引く斬新な遊び心と便利さを追及するのも、面白いですね。また、一般的に白が多いいイメージの名刺ですが、カラフルな名刺も沢山出てきています。

インパクトもありますが、色によってその会社や人の雰囲気が伝わってくるいい方法です。ただし、色合いによっては文字が見えづらいこともありますので、注意が必要です。

名刺を自分で作成する最適な方法

素材や香りで演出

最近では名刺の素材にも、様々なものが誕生しています。布製のものや、木製のもの、和紙を使ったものなどがあり、環境問題に着目して再利用されたものもあります。再生紙等々を使用した名刺を活用すれば、地球にも優しく、その会社·団体の環境問題に対する思想や取り組みを、をさりげなく相手に伝えることもできます。

また、名刺に微かに香りを付けるといった方法もあるようです。香りをつけることの狙いとして、相手の記憶に残ることや、その人の人柄や清潔感をアピールできます。ただし、香りはつけすぎは逆効果になることもあるので、注意しないといけません。

名刺を振った時に、ほのかに香る程度にすることをお勧めします。

パーソナル名刺の出現

最近では仕事用以外でも、ママ会名刺、オフ会名刺、さらにイベントなどで用いられる匿名性の高い名刺も多く用いられています。

これは老若男女問わず、自身の趣味趣向を、自分らしくアピールできる絶好のチャンスですので、仕事用とはまた違った楽しいデザインのものを、手元に一つでも用意しておくといいかもしれません。

コロナ禍でもビジネスシーンをサポート

新型コロナの影響で、感染対策が必須とされるビジネスシーンの救世主となりそうな名刺も出てきています。ネット印刷ITP株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長北井元司)が運営する印刷通販サイト「いろぷり」https://www.iropuri.com/では、『抗菌用紙名刺』というアイテムを紹介しています。

銀イオン(Ag+)のチカラが細菌やウィルスの増殖を抑えてくれる効果が期待できるそうです。これからの新しい生活様式にピッタリの名刺になっていくのではないかと、注目されています。

まとめ

名刺は会社や団体、そしてあなた自身を、簡単にアピールできる最大の武器と言えます。これまで紹介してきたポイントは一例に過ぎませんが、何よりも大切なことは、相手に自身をわかってもらうために、何を伝えたいかということです。

そしてその限られた小さな一枚の名刺から、次の新たなる出会いの始まりを、自分らしく導いていけたらいいですね。