専用の台紙を購入すれば自宅でも名刺の作成が可能

名刺27

名刺が欲しいとき、作成に対応する印刷所への依頼を考えるかもしれません。しかし、パソコンとプリンターがあるのなら、名刺の専用台紙を購入すれば自宅でも作成が可能になります。もしも、できる限り名刺を安く手に入れたい場合は自宅で作ることも考えてみましょう。

プロの印刷所に頼むよりも自身で作ったほうがずっと安いケースが多いです。

名刺を作成するためのパソコンとプリンターの説明

名刺31

名刺を作成するためのパソコンは、それほど高性能ではなくても大丈夫です。高負荷の作業をするわけではないため、インターネットや動画の視聴が問題なく行えるスペックのパソコンなら動く可能性が高いです。具体的なスペックが知りたい場合は、名刺作成ソフトの推奨動作環境をチェックしてみましょう。

専用台紙を販売するメーカーの公式サイトでは、名刺作成ソフトがダウンロードできるようになっている場合が多いです。もちろん、動かすための推奨動作環境が記載されているので、情報をしっかりと確認して、自身のパソコンで動くかどうかを判断しましょう。

そして、名刺を作成するためのプリンターは、A4サイズの用紙が使えるものを用意することになります。専用台紙はA4サイズの場合が多いので、小さなサイズにしか対応していないプリンターでは作成するのは難しいです。

なお、プリンターは機種によって印刷のクオリティが異なります。そのため、高解像度の写真やイラストなどを名刺に使いたいときは、印刷のクオリティが高いプリンターを用意しましょう。

クオリティが低いプリンターを使ってしまうと、キレイに印刷ができないため、納得できない名刺になってしまうかもしれません。

専用台紙を購入するおすすめの方法

専用台紙を購入する一番簡単な方法は、ネットショップから手に入れることです。プリンターの用紙を販売するネットショップなら、数多くのところが取り扱っているので、名刺の専用台紙も購入できるでしょう。ただし、それぞれの商品の説明文を読んだだけでは、紙の厚さや質感など、どのような台紙なのか把握することが難しいです。

そのため、初めて購入するときは、実物を見てから適切なものを選ぶことをおすすめします。自身の目で見て、手で触れてみて、納得できる台紙を選定できれば満足できる名刺を作成できる確率が高くなります。

もしも、実物を見て選びたいときは、大きめの家電量販店を訪れることを考えてみましょう。

それは大きめのところでは、専用の台紙を売っているだけではなく見本品を展示していることがあるからです。そちらでは実物を間近で見られますし、手で触ってみることだって可能です。たくさんの種類が用意されているので、いろいろと比べて自身に相応しい台紙を選んでしまいましょう。

もちろん、すべての大きめの家電量販店が見本品を用意してくれてはいないため、無駄足となってしまうのが嫌なときは、事前に電話で見本品の有無を聞いておくことをおすすめします。

専用のソフトをダウンロードしよう

名刺38

専用の台紙を購入したら、早速名刺作成ソフトを公式サイトからダウンロードしましょう。プリンターの印刷ソフトを使ったのでは、印刷にズレが生じてしまい、使いものにならない名刺になってしまう可能性があります。現在では、専用台紙の購入者に向けて無料で配布しているメーカーがほとんどなので、お金をかけずに手に入れることが可能でしょう。

ちなみに、ウィンドウズ版とマック版の両方が用意されているケースもあります。間違えてしまうとインストールすらできないので、自身がもつパソコンのOSに合わせたものをダウンロードしましょう。なお、名刺作成ソフトはいろいろなメーカーから配布されていますが、基本的には自分たちが販売する専用台紙でしか使えなくなっています。

使い勝手が悪いからといって、ほかの名刺作成ソフトを使うと印刷がズレる確率が高いので気をつけましょう。もしも、使い勝手がよい名刺作成ソフトを利用したい場合、専用台紙を購入するまえに試してみましょう。無料で配布されているため、多くの場合は専横台紙を購入せずとも試すことが可能です。

いろいろと試して自身にぴったりな名刺作成ソフトを見つけられたときは、そのメーカーの専用台紙を購入しましょう。

名刺作成の基本をマスターしよう!

テンプレートの活用も可能

多くの名刺作成ソフトでは、自分でデザインを行わなくても大丈夫なようにテンプレートを用意してくれています。たくさんのデザインが用意されているので、自身のイメージに合ったものを選定しましょう。テンプレートが決まったのなら、あとは名前や住所など名刺に必要な情報を入力するだけです。

文字のフォントを変えるなど細かい変更も可能なため、理想に合わせたデザインを作り上げられます。もちろん、すでに頭にイメージができあがっている場合は、テンプレートを利用せずにすべて自身でデザインすることも可能です。

文字やイラスト、そして写真などさまざまなものを使って理想の名刺にしてしまいましょう。

小ロットで名刺の作成をするなら業者選びが肝心

プリンターの設定を行おう

デザインが終わったらすぐに印刷しようと考えるかもしれませんが、そのまえにプリンターの設定がきちんと行えているかチェックしましょう。まず、印刷する用紙のサイズをA4に設定する必要があります。これを間違ってしまうと、小さく印刷されてしまったり用紙からはみだしたりするので気をつけなければいけません。

そして、印刷クオリティの設定も忘れないように行うようにしましょう。立派なプリンターを使っていても、低クオリティに設定しては荒い印刷になってしまいます。なお、名刺作成ソフトで設定してもうまくできないときは、プリンターの印刷ソフトのチェックをおすすめします。

プリンターの印刷ソフトが名刺作成ソフトの設定に干渉しているケースがあるので、両方とも正しく設定してみましょう。

qrコード入りの名刺作成はサロンの営業にピッタリ

まずは一枚だけ印刷をしてみよう

たくさんの名刺が必要な場合、専用台紙をたくさんセットして、すべてに印刷しようとするかもしれません。しかし、失敗する可能性もあるため、まずは一枚だけ印刷してみることを強くおすすめします。一枚だけ作成してみて完璧な仕上がりになったのなら、あとは必要な分だけ印刷するようにしましょう。

名刺の専用台紙は普通のコピー用紙よりもずっと高いので、失敗でムダにするのはとても勿体ないです。

名刺作成から始まる一枚上手なビジネスライフ

名刺作成にチャレンジしてみよう

パソコンとプリンターを使った名刺の作成は決して難しい作業ではありません。メーカーが用意してくれる名刺作成ソフトがとても優秀なので、初めて作成する方も満足できる仕上がりになる可能性が高いです。興味はあるけれど失敗するのが怖いのなら、まずは名刺作成ソフトをダウンロードして試しに使ってみましょう。

パソコンの画面上で素敵な名刺が作成できたときは、次は専用台紙を購入し、印刷してみることをおすすめします。

どんな利点がある?両面を使った名刺作成のメリット