名刺作成の基本をマスターしよう!

名刺19

ビジネスシーンでは、名刺交換をする機会がたくさんありますよね。

普段何気なく受け取っている名刺も、見比べていくと様々な特徴やこだわりがあることに気付くことでしょう。ここでは、名刺作成の基本についてお伝えしていきます。

新しく名刺を作成しようと考えている人や、リニューアルを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

qrコード入りの名刺作成はサロンの営業にピッタリ

名刺の役割とは

初対面の相手に渡すことが多い名刺。たった一枚の、小さな紙を相手に渡すことで、自分とは何者なのか、連絡したい場合はどうすれば良いのかなど、様々な情報を伝えられるようになります。また、イメージにピッタリな名刺や、オリジナリティが出ている名刺を作成することで、相手から覚えてもらいやすくなります。

名刺にひと工夫しておくことが、その後の会話のキッカケになることもあるのです。印象をしっかりと相手に与え、覚えてもらうことで、ビジネスチャンスを広げていけるようになるでしょう。

名刺作成から始まる一枚上手なビジネスライフ

名刺のサイズとは

名刺は、通常4号と呼ばれるサイズで作られています。幅が91ミリ、縦が55ミリとなっています。名刺の定番のサイズでもあり、デザインのレイアウトや、名刺の収納ホルダーなどはこのサイズを元につくっていることが多いため、迷った時にはこのサイズを選ぶようにしましょう。

また、名刺には、このサイズよりも少し小さいタイプのものもあります。欧米タイプと呼ばれるもので、幅は89ミリ、縦は51ミリのサイズです。スタイリッシュなイメージや、デザイン性にこだわりたい人、オリジナリティを出したい人などにおすすめのタイプです。

名刺に載せる情報とは

名刺には、会社名やロゴマークを載せます。会社名は、「株式会社」や「有限会社」なども付けて、正式名称で記載するようにしましょう。ロゴマークは、その会社のイメージとなるマークでもあり、名刺にあることでパッと目を引くことができます。

そして、部署名や役職、肩書きと名前は欠かせません。役職が記載されていることで、その人の立場がわかるようになるため、相手も商談などの際に話がしやすくなります。部署名や役職、肩書きなどは、少し小さめの文字にしておきましょう。

また、名前に読みにくい漢字を使っている場合は、ルビ(ふりがな)を振っておきます。ローマ字表記にすることで、グローバルな印象を与えることも可能です。その他には、住所や電話番号、FAX、メールアドレスなど、連絡先の情報を載せていきます。

住所を記載する場合は、郵便番号や都道府県名を忘れないようにしましょう。電話番号は、基本的に会社の代表番号とし、ある場合は内線番号や携帯番号も添えておくようにします。さらに、名刺の内容を充実させていきたい場合には、担当者の顔写真や似顔絵、会社のキャッチフレーズなどを載せていくとよいでしょう。

会社が行っているサービスや、事業内容などについて簡単に触れておくことで、会社としてのイメージも伝わりやすくなります。また、お店の場合は営業時間や定休日などを記載したり、地図を入れたりすることで、その名刺の情報量を高めることも可能です。

SNSのアカウントや、ニジゲンバーコード、WEBサイトのURLなどを掲載している場合もあります。

注意するポイント

名刺21

名刺には、小さなスペースにたくさんの情報を載せるため、レイアウトを工夫したり、フォントのサイズを調整したりすることが必要になってきます。名刺の隅から隅まで文字がぎっしりつまっているレイアウトは、とても読みづらくなってしまいますよね。

余白部分をうまくつかいながらレイアウトし、内容によってフォントのサイズを調整していくことで、スッキリと見やすい名刺にすることができるのです。

また、フォントを小さくすればするほど、たくさんの情報を記載できるようにはなりますが、あまりに小さいフォントではかえって見にくくなってしまうので、注意するようにしましょう。読みづらいと、「相手の立場に立つことが苦手なのでは?」と思われてしまいかねません。

横書きのレイアウトの場合、基本的には、上段から順番に会社名、役職や氏名と並べ、下の段には連絡先に関する情報をまとめます。住所などに含まれる数字には、英数字が用いられます。また、縦書きのレイアウトの場合は、右側から順番に、会社名、役職や氏名と配置し、一番左側に記載されるのは連絡先の情報です。

URLやメールアドレスは、横書きで表記し、縦に配置します。住所や電話番号に含まれる数字は、基本的に漢数字になります。

イメージづくりに重要なもの

名刺を通して、自分や会社のイメージをつくる上で、名刺に用いるフォントや、カラーはとても重要な要素となってきます。フォントには、大きく分けるとゴシック体や明朝体、特殊書体の三つのタイプがあり、さらに様々なバリエーションに分けられています。

フォントのデザインによって、人に与えるイメージは様々です。文字の太さにメリハリのある明朝系のものであれば、繊細な印象や高級感のあるイメージを与えることができるでしょう。一定の太さをキープし続けるゴシック系のものからは、信頼感や力強いイメージを感じ取れるようになります。

会社やその人のイメージに最適なフォント選びをすることで、ブランディング効果をさらに高められるようになります。また、フォントや台紙に選ぶカラー選びも重要です。例えば、赤には、エネルギッシュで情熱的なイメージが備わっています。

青には、清潔感や落ち着きがあるイメージ。ピンクには可愛らしさや甘いイメージがあります。カラーがつくり出すそれぞれのイメージをうまく利用することで、個性をさらに引き立たせることができるようになります。

個性を出したい時には

名刺そのものでオリジナリティを出したい場合には、角丸加工を施したり、厚盛加工をしたりする方法があります。角丸加工では、台紙の角を丸めることで、優しい雰囲気を出したり、細かなところにも配慮できるイメージを与えたりすることができます。

一方、厚盛加工とは、ロゴマークや文字のクリアインキを部分的に厚く盛り、コーティングすることでぷっくりと浮き上がらせる特殊加工のことです。この加工をすることで、高級感を出したり、他とは異なる特別感を出せるようにもなります。

記憶に残る名刺をつくろう!

名刺のデザインによって、与える第一印象は大きく変わってきます。作成する際には、「自分が伝えたい情報」を意識することも大切ですが、それと同時に、名刺を受け取った相手が「どう感じるか」をイメージしておくことも忘れないようにしましょう。

名刺は、単なる身分証明書としてだけでなく、コミュニケーションツールとしても大きく役立つアイテムなのです。

どんな利点がある?両面を使った名刺作成のメリット