どんな利点がある?両面を使った名刺作成のメリット

名刺12

名刺は片面だけを使って作られているケースが多いでしょう。しかし、名刺作成において両面を使ってはいけないという決まりはありません。両面を使った名刺を作成することで得られる利点もあります。そこで今回は両面を使った名刺を作ることで得られるメリットについて紹介していきます。

ここで紹介するメリットを活かして自分だけの名刺を作ってみましょう。

伝えられる情報量が多くなる

片面しか使わない場合と両面を使う場合では、名刺での伝えられる情報量が変わってきます。例えば片面しか使わない場合では、企業名や名前、役職、住所、電話番号、メールアドレスなどの必要最低限の情報しか掲載することができません。

企業に所属している場合であれば、どの企業に所属しているかという情報やどんな役職に就いているのかという情報が分かっていれば問題ないかもしれません。しかし、フリーランスとして活動している人や自営業を行っている人は、それではアピールが足りない可能性が考えられます。

もっと多くの情報を駆使してアピールしたいのに、片面しか使わないのは良くないでしょう。そのような多くの情報を伝えたい人にとっては、両面を使った名刺作成はメリットが大きいと言えます。裏面に経歴や資格の有無、アピールポイントなどを記載しておけば、受け取った人が名刺を見返したときに貴方の情報を読んでくれる可能性が高いです。

それがきっかけで新しいビジネスが舞い込んでくる可能性も考えられるため、フリーランスや自営業の人は裏面も使った名刺を作成してみるのが効果的だと言えます。

アレンジの幅が広がる

片面しか使わない場合はアレンジの幅が狭いという問題があります。例えば片面しか使わない場合に表面の文字フォントをゴシック体フォントにしたら、全ての文字をゴシック体フォントに統一する方が良いと言えます。これは他のフォントを混ぜてしまうと、文字全体の印象が良くないだけでなく読みにくい名刺になってしまうからです。

そのため例で挙げたパターンで言えば、ゴシック体フォントを使えば他のフォントが使えなくなります。

それに対して両面を使った名刺作成の場合は、表面にゴシック体フォントを使ったとしても裏面には別のフォントが使えます。表面は表面、裏面は裏面でフォントを統一しておけばデザイン全体の印象を下げることはありません。

表面と裏面の文字フォントを変えられるので、デザインをアレンジする幅が広がるでしょう。カラーについても同じことが言えます。表面をモノクロデザインにしてしまった場合、片面利用のときには全部の文字をモノクロで統一する必要があります。

それに対して両面利用の場合は表面はモノクロで、裏面はカラー印刷にするという方針を取ることも可能です。表面と裏面でデザインを変えることで、他の名刺にはないオリジナリティーの高い作品に仕上げられるというメリットも得られます。

大胆なデザインも作りやすい

片面利用の場合は使用できる面積が少ない分、大胆なデザインに仕上げるのは難しいという問題があります。フリーランスや自営業のようなアピールを必要としている立場の人は、大胆なデザインや奇抜なデザインで相手の印象に残るような努力をしたいと考えるかもしれません。

そのような場合には片面利用の名刺作成ではなく、両面使用の名刺作成を進めていくのが効果的だと言えます。両面使用の名刺作成であれば使える面積が増えるので、大胆なデザインや奇抜なデザインの名刺を作りやすいというメリットが得られます。

具体的な例で言えば、表面に必要な情報を記載して裏面には大きく自社のロゴマークだけを表示するようなデザインが作れるでしょう。これは自分の情報だけでなく、自社のロゴマークを覚えてもらいたいケースで有効活用できます。

他にも表面に必要な情報を記載して裏面には自分の顔写真を貼り付けるといった大胆なデザインも作ることが可能です。このようにスペースを有効活用することで、人の印象に残るような名刺が作りやすくなるというのが両面使用の名刺作成におけるメリットだと考えられます。

地図を記載するスペースが作れる

片面利用の名刺作成を行う場合は表面に住所を記載するケースが多いでしょう。しかし、その住所が受け取った人にとっては知らない場所であるケースが考えられます。

そのような場合には地図を記載していれば親切な名刺を作っていると思ってもらえるかもしれませんが、片面利用の名刺作成では地図を記載するスペースがありません。地図を記載したいのであれば、両面使用の名刺作成を行うのが効果的だと言えます。

両面使用の名刺作成を行っていれば、裏面に地図を記載するスペースを作れるというメリットがあります。地図だけでなく最寄り駅や近隣の駐車場の場所も記しておけば、クライアントが自社へと迷わずに訪れることができるでしょう。

名刺を自分で作成する最適な方法

SNSや連絡ツールのURLを記載するスペースができる

両面使用の名刺作成を行っていれば、裏面は自由に活用できます。例えばLINEのようなメール以外の連絡ツールのURLやSNSのURLを裏面に記載することが可能です。そうすることによって名刺では伝えきれないような情報が記されているページへと誘うことができます。

自社のホームページを作っている場合は、自社のホームページのURLを記載するのも裏面の有効活用だと言えます。他にもお店を経営している人は、お店のお得な情報を記載しておくのも良い活用方法だと考えられます。

会社のアピールを記載しておくのも1つの方法

名刺19

両面使用の名刺作成を行う場合には、裏面をどのように活用するかが重要になります。フリーランスとして活動している人は自分のアピールポイントを書けばよいですが、会社に所属している場合や会社を経営している場合は自分のアピールポイントではなく会社のアピールポイントを記載しておくのも1つの方法だと言えます。

裏面に会社のアピールポイントを記載しておくことで、新たなビジネスの依頼が舞い込んでくることもあるでしょう。また会社の理念や経営方針を裏面に記載してみるのも良い活用方法だと考えられます。

裏面を有効活用するのが重要なポイント

名刺15

片面利用の名刺作成よりも両面使用の名刺作成の方が使える面積が増えて、伝えられる情報量も増えます。

そのため両面使用の名刺作成を行う場合の重要なポイントとなるのが、裏面の活用方法です。裏面を使えるという強みを上手く活かしていくことで、ビジネスに役立つ名刺に仕上げられるというメリットがあります。

裏面を有効活用して自分だけの名刺を作りましょう。

qrコード入りの名刺作成はサロンの営業にピッタリ